安否確認電話・高齢者の見守り・緊急駆け付けならユタカサービス

孤独死を迎える高齢者は
増加の一途
を辿っています。

全国で誰にも看取られることなく死を迎える「孤独死」となる方は年間約3万人と言われています。
国内で1年に死亡する125万人のうち、3万人が孤独死という現実は驚くべき数字と言えるでしょう。

2016年7月に発表された東京23区内の孤独死者数データは、「2015年の年間の孤独死者数が3,000人を超えた」との発表があり、恐ろしいスピードで年間孤独死者数が増えている事を表しています。
これらの事から将来的にもっと孤独死が身近になることが伺えます。

高齢者のほとんどの方が
「孤独死は自分と関係がない」
と考えています。

アンケートの結果、驚くべきことに孤独死を身近に感じるのは「とても感じる・まあ感じる」を合わせてもたったの17%という数値が出ています。
これは高齢者による孤独死の現実を考えるととても低い数値であり、ほとんどの高齢者が孤独死は自分と関係がないと考えていることの裏付けです。

高齢者の現実は孤独死について危機感を持っていないということが一番の問題となり、より一層孤独死を招く状態を作っていると言えるのではないでしょうか。

「自分が孤独死になるかもしれない」
という意識を高齢者本人が持つ

孤独死は高齢者本人が「自分が孤独死になるかもしれない」という意識を持つことで、避けることができます。
頻繁に会える距離に身内がいない高齢者には、孤独死は現実に起こりうることとして家族から話をしておく必要があるでしょう。
また、高齢者にとって「万が一」の事態はとても身近であるということです。
健康でも孤独死につながる可能性がある、ということも高齢者にはよく理解して頂く必要があります。

身近な高齢者に孤独死を迎えさせないためには、本人の意識のほかに
周囲の人たちの働きかけが大切となります。

ユタカサービスでは安否確認・服薬確認電話を始め、
外出時のサポートや入院時の身の回りのサポート、
墓参りの付き添い、庭木の水やりなど
様々なサービスを行っております。
是非お任せください!

あんしん電話サポートのご案内

安否確認・服薬確認電話サービスを行っております。

詳細はこちら

あんしん生活サポートのご案内

外出サポート・入院時の洗濯や、身の回りのサポート等を行っております。

詳細はこちら

サービス関連情報

あんしん電話サポートの契約の流れについてご説明致します。

詳細はこちら

お申込み・お問合せはこちら
【受付時間】9:00~21:00

090-1036-5451